短期間で血圧を下げるには

高血圧の治療中の方の多くが「いつまで薬を飲み続けるのだろう?」と思っているのではないでしょうか? 確かに医師は薬物治療で血圧をコントロールしてくれます。わたしたち患者は、食事療法と運動療法により生活習慣を改善しなければなりません。

生活習慣を改善により高血圧になる前の健康状態に戻せます。 成功すれば血圧が高くならないので降圧剤は必要なくなります。。高血圧の治し方はシンプルなのに結果を出すのは大変です。 いろいろ試した方法の中から、短期間で血圧を下げることに成功した方法を紹介します。



食事で血圧を下げる方法

最初に高血圧と診断を受けた時に医師や管理栄養士から食事指導がありました。 カロリー制限は1日2,000kcal以内で15kgの減量目標を設定されました。また塩分制限は1日6g以内です。 塩分が多い食品や食事の摂り方も細かく指導を受けました。

この食事療法を続ければ必ず血圧は下がると信じて3年間も頑張りました。 しかし一向に血圧が高い状態に変化はなく降圧剤を辞めることができません。 今のままで本当に高血圧を克服できるのか不安に思うようになりました。

もっと短期間で効果を実感できる食事療法は無いのか!ネットで調べまくって大量の情報の中から見つけたのが、 食事療法の第一人者で有名な藤城博さんの高血圧改善食事法です。 最初は半信半疑でしたが、あまりにも早く効果を実感できたので本当に驚きました。

体験レポートはコチラ

3日で血圧を下げる食事療法の画像


ストレッチで血圧を下げる方法

高血圧に欠かせないのが有酸素運動です。医師から1日30分は、軽いジョギングやウォーキングをするように指導されます。 最近では、ためしてガッテンなどで紹介されているインターバル速歩が血圧を下げる効果があると聞いて週に3回から4回やってみました。

私の場合、有酸素運動では血圧に変化が起こりません。もともと運動不足なら効果も期待できるのかも知れませんが、ゴルフが趣味なので月に5回はゴルフ場を歩き回りますし、毎日ゴルフの練習をしているので運動不足とは思えないのです。

そんな時に血圧を下げるストレッチが、健康雑誌で紹介されていました。 1回5分ほどのストレッチをした後に血圧を測定するとなんと10mmhgも血圧が下がっていました。 普通は運動した後は血圧が上がるものですが、このストレッチは違いました。

なぜなら充分に運動している方でも、加齢により関節や筋肉が固くなると血管を圧迫する現象が体の中に何カ所もできてしまうのです。 このストレッチは、関節や筋肉を柔らかくするので瞬時に血流が改善されます。だからストレッチの後は血圧が下がるというメカニズムです。

このように常識とは、まったく別の原因であることもあるのだと感心したというワケです。 まずはインターバル速歩のような効果が期待できる有酸素運動を行ってみて、思うような結果がでなければ、 血圧を下げるストレッチを試してみる価値があると思います。

血圧を下げるストレッチはコチラ

1日5分で血圧を下げるストレッチの画像



おすすめ記事ランキング


食事で血圧を下げた体験レポ!

プログラム通りに食事をするだけで、血圧が下がるレシピが満載。食事療法の専門家が、作った食事だけで高血圧を改善する方法です。いきなり食生活を改善しても血圧は下がらない理由とは?

【おすすめ度】★★★★★


超便利!高血圧の宅配食サービス

自宅でカロリー制限や塩分制限を徹底するのは大変。そんな時に助けてくれるのが、高血圧の宅配食サービスです。冷凍保存なのでチンするだけで好きな時に食べられるので、いざという時に!

【おすすめ度】★★★★☆


水溶性ケイ素で血圧が下がった!

水溶性ケイ素で血圧が下がり降圧剤を辞められたという口コミ情報が多数。そんな奇跡のミネラル【ケイ素】の効果と飲み方を紹介します。生活習慣病だけじゃなく美容や健康にもグッド!

【おすすめ度】★★★★☆


肝臓のダメージを回復するには!

高血圧は、お酒の飲み過ぎは厳禁。でもキッパリ辞めるのは難しいですよね?心配なのは肝機能の低下です。アルコールを楽しく飲み続けながら、この方法を使えば肝臓も強くなるから安心!

【おすすめ度】★★★★☆


アディポネクチンと高血圧

長寿ホルモンと呼ばれるアディポネクチンの分泌を増やせば高血圧を改善・予防できる。さらにアディポネクチンは傷ついた血管を修復する作用が!岡部先生のDSアディポが人気急上昇!

【おすすめ度】★★★☆☆





ページの先頭へ